下肢機能障害とは


下肢機能障害について
出典元 ≪交通事故下肢機能後遺症_弁護士法人アディーレ法律事務所

下肢とは、股関節、膝関節、足関節までの3大関節及び足指の部分のことを言います。後遺障害等級認定において、股関節、ひざ関節、足関節のことを下肢3大関節と言います。足関節から先は足指として後遺障害等級認定の対象としては別に扱われることになっています。下肢機能障害とは下肢の用を廃したもの、関節の用を廃したもの、関節の機能に著しい障害を残すもの、関節の機能に傷害を残すものを指します。

下肢の用を廃したというのは、3大関節の全てが強直したものを指し、足指全ての用を廃したものも含みます。強直したというのは、関節の完全強直やこれに近い状態のことを指します。つまり関節が完全に動かなくなったか、それに近い状態を指します。関節の用を廃したとは関節が強直したもの、関節の完全弛緩性麻痺またはこれに近い状態のこと、人工関節、人口骨頭をそう入置換した関節のうちその可動域が健側の可動域角度の二分の一以下に制限されているものを指します。関節の機能に著しい障害を残すものとは関節の可動域が健側の可動域角度の二分の一以下に制限されているもの、人工関節、人口骨頭をそう入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の二分の一以下に制限されているもの以外のものを指します。関節の機能に傷害を残すものとは関節の可動域が健側の可動域角度の四分の三以下に制限されているものを指します。